トレーサビリティ - Traceability -

トレーサビリティとは

耳標装着 国内で生まれたすべての牛に、10ケタの個体識別番号が印字された耳標がつけられます。
届出と牛のデータベース化 農家からの届出により、個体識別番号によって、その牛の性別や品種別に加え、出生からとさつ(と畜・解体処理)までの飼養地などがデータベースに記録されます。
番号表示と取引の記録 その牛がとさつされ牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していくなかで、それぞれ売買された業者などにより、個体識別番号またはロット番号が表示され、取引が帳簿に記録・保存されます。
生産流通履歴の把握 これにより、国内で飼われた牛については、販売されているお肉などから牛の出生までの追求と、牛の出生から消費者にお届けするまでの間の追跡、すなわちトレーサビリティが可能となります。
ロット番号見本(赤丸で囲んだ箇所をご覧ください)

ロット番号

        ※ロット番号を入力して、検索ボタンを押してしてください。

個体識別番号

ロット番号検索により、表示された個体識別番号は独立行政法人家畜改良センターの「牛の個体識別情報検索サービス」でお調べください。